BOOK LIFE

本・読書の話題をお届け

玉ねぎの皮をむきながら語る作家として成功するまでの軌跡

読み終わったばかりの本です。ノーベル賞受賞作家でもあるギュンター・グラスの自伝『玉ねぎの皮をむきながら』。 まさに玉ねぎの皮を一枚一枚むくようにして、グラス自身の記憶の層を少しずつめくりめくり子供時代から作家としてデビューするまでを語ります…

人望とは何か 『人望の研究』に学ぶ

「人望」があるかどうか――これが仕事や生活に大きな影響をもたらします。職場で人望がなければ、周囲の協力を得られずに業務が思うように運ばない、管理者になっても部下が指示通りに動いてくれず問題を抱えるなど、仕事をする上での障壁が生まれてしまいま…

感想:スティーヴ・トルツ著『ぼくを創る要素のほんの一部』

『ぼくを創るすべての要素のほんの一部』は、オーストラリアの作家、スティーヴ・トルツによる長編小説です。ブラックユーモアをまじえて語られる、常軌を逸した(変人)父子の壮大な物語です。 こうして小説は始まります。 悲惨な事故で嗅覚を失ったスポー…

うまく働く方法――『私の生活技術』より

本棚の中に埋もれていたアンドレ・モーロワ著『私の生活技術』という本を見つけました。いつ読んだのかも覚えていないしどこで購入したのかも覚えていませんが、「またいつか読み直そう」と感じたことはかすかに覚えています。私の生活技術 (土曜文庫)作者:…

『アサッテの人』――過去の文学賞受賞作品を振り返る、この一冊

過去に呼んで面白かった文学賞受賞作品を振り返ってみたいと思います。諏訪哲史氏による『アサッテの人』。2007年に群像新人文学賞と芥川龍之介賞を受賞しています。アサッテの人 (講談社文庫)作者:諏訪 哲史発売日: 2010/07/15メディア: 文庫 あちらこちら…

読書を継続させる本選びのコツ

本の中に登場する本 同じ作家やテーマにこだわる 世界の文学賞 読書をするとき、皆さんはどのようにして読みたい本を探しているでしょうか。初めのうちは書店に出向いて最初の数ページを読んだり解説を読んだりして、どの本が自分の興味・関心にあっているか…

ポール・オースターの小説が面白い理由 破滅志向の奥深さ

常識にとらわれない 破滅的な物語 物語の中に物語 翻訳版の面白さ 常識にとらわれない wikipediaより ポール・オースターは現代アメリカ文学を代表する小説家、詩人です。アメリカ文学好きな私にとっても大好きな作家の一人です。1947年生まれですから、2020…